大人になってからの歯列矯正、痛みは?費用は?

大人の歯列矯正、痛みは?

大人の歯列矯正は骨や歯茎の成長が止まって固まった状態のところに力を加えて形状を変えようとするものです。したがって治療開始直後は強い痛みが出ることも考えられます。痛みがあることを伝えれば痛み止めを処方してもらえますので、上手に活用しましょう。

ものを噛むのも痛かったり、器具のこすれによる口内炎ができたりして食事がうまく取れないこともあるかもしれません。矯正に慣れるまで繊維のしっかりした野菜や肉類は避けた方がよいでしょう。栄養のバランスが心配な方はサプリメント、豆腐などでビタミン類やタンパク質を意識的に摂取するのもひとつの手です。

歯列矯正の気になる費用

治療の部位や方法にもよりますが、前歯のみの部分矯正の場合は10万円~、全体の矯正は70万円~程度のところが多いようです。できるだけ安く済ませたいものですが、歯列矯正は何年もかかるものですから治療完了までどのくらいの費用がかかるのか長いスパンで考えることが大事です。

治療完了までのすべての処置料を含めて80万円とうたう矯正医もありますし、50万円+毎月の処置料5000円とするところもあります。この2つを比較した場合、差額の30万円分の処置60回は5年分に相当するので、5年以内に治療完了となれば後者の方がお得となります。しかし思ったほど治療がスムーズに進まなかったり、不注意で虫歯ができてしまいその分治療期間が延びてしまったというリスクを考えると前者の方が良いのかもしれません。

自分にあった矯正医を選ぶ

治療の特性上長くお世話になりますから、費用の件や通いやすさなど総合的にみて自分にあった矯正医を選ぶことが重要です。複数のクリニックの情報を集め、無料相談などをとおして慎重に決めましょう。

出っ歯の矯正の時に注意したいのは、全体のバランスを崩さないことです。前歯を過剰に矯正すると、全体の噛み合わせが悪くなることがあるのです。