皮膚に負荷をかけない無駄毛の処理法って?

無駄毛の処理は皮膚に負荷をかける?

無駄毛の悩みを改善するためには、日頃からのお手入れが大切です。けれども、お手入れの仕方を間違えると、かえって皮膚に負荷がかかる恐れがあります。例えばカミソリ・脱毛テープ・脱毛クリームなどを使うと、無駄毛の他にも皮膚の角質まではがしてしまうことがあります。肌が傷つくと刺激に弱くなり、炎症が起こりやすくなるのです。さらに無駄毛を毛根から抜くと、毛穴が開きます。開いた毛穴に細菌等が入り込むと、炎症や膿の原因になってしまうのです。このように、無駄毛の処理の仕方によっては、皮膚トラブルにつながる恐れもあります。

要注意!汚れは皮膚トラブルのもと

無駄毛処理の方法を間違えると、皮膚トラブルのリスクが高まります。無駄毛処理の際、特に気をつけたいのが、汚れです。毛穴に雑菌が入り込むと、炎症や膿の原因となります。炎症や膿を防ぐためには、できるだけ細菌が入り込まないようにすることが大切です。まず、注意したいのが道具です。道具が汚れていると、細菌が繁殖している可能性があります。道具を使ったらすぐに洗い、しっかりと乾燥させましょう。また、無駄毛処理を行う場所も要注意です。特に無駄毛処理をお風呂場で行う場合は、浴槽内では行わないようにしましょう。浴槽内には雑菌が多くいるからです。

無駄毛処理は間隔を空けることが大切

無駄毛処理を繰り返し行うと、その分皮膚に大きな負荷がかかります。皮膚への負荷が大きくなればなるほど、肌トラブルにもつながりやすくなります。無駄毛処理はできるだけ間隔を空け、負荷がかかりすぎないようにしましょう。なお具体的な感覚ですが、1週間に1回程度が望ましいとされています。

医療脱毛は、照射の出力のパワーが高いレーザー機器を用いてクリニックなどの医療機関で行なえる施術で、フラッシュ脱毛は、出力のパワーを抑えた機器を使った施術で脱毛サロンやエステサロンでも受けられます。