薄毛や抜け毛対策の増毛・育毛・発毛って何が違うの?

薄毛や抜け毛の対策方法の違い

薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人の対策として増毛・育毛・発毛がありますが、それぞれの方法の違いはどのようなところにあるのでしょうか。

結んで増やすだけではなくスプレーもある増毛

増毛は薄毛が気になる部分の髪に人工の髪の毛を結んでボリュームアップするというものです。

自分の髪ではないので、髪が伸びると浮いてきてしまうため定期的に結び直しなどをする必要があります。

また、最近では結ぶタイプだけではなくスプレータイプのものもあります。

今ある髪の毛を健康に維持する育毛

育毛とは今ある髪の毛を健康に維持するために頭皮の環境を整えていくという方法です。基本的には今ある毛を維持するので抜け毛対策という形になるのですが、頭皮を健康にすることで髪の毛を太くすることや立ち上がりを良くすることでボリュームアップが期待できます。

抜け毛が増えてきた時になっている人や髪の質が気になるという人に最適な方法と言えるでしょう。

自分の髪を生やすのが発毛

抜け毛や薄毛が進行してしまい頭皮が目立つようになったとしても自分の髪の毛を生やしボリュームアップさせるのが発毛です。

発毛はクリニックなど医療機関で行う方法が主流です。飲み薬によって脱毛の原因となる酵素の働きを阻害したり、発毛を促進する外用薬の処方などが行われています。

薬による発毛以外にも発毛を促進する光を頭部に照射する方法や、頭皮に直接注射をする方法など様々な治療法が生まれてきています。

目的に合わせて方法を選ぶ

増毛・育毛・発毛はそれぞれおアプローチの方法が異なりますので、自分がどの様な目的を持っているのかに合わせて選ぶことが大切です。

リーブ21は大阪府大阪市中央区に本社を置く、頭髪に関する悩みを解決してくれる専門家です。髪の脱毛に悩んでいる方はカウンセリングを受けてみて下さい。