作らないのが一番!シミの原因と対処法の概要

シミのできるメカニズム

シミとは、紫外線や皮膚トラブル、女性ホルモンの乱れ、ストレスによる活性酸素などによりメラニンが生成され、代謝されずに蓄積されることによってできてしまいます。本来なら、肌のターンオーバーと一緒にメラニンも排出されなければいけませんが、ターンオーバーのサイクルが乱れるとメラニンの生成に排出のペースが追い付かなくなります。そのため、メラニンが肌内部に残りシミとなってしまうのです。

シミは予防して作らないのが大事

シミを予防するには、メラニンの生成を抑えることが第一条件となります。外出時だけでなく、室内にいる時も日焼け止めを塗り紫外線を防いだり、肌への過剰な摩擦を与えるのを控えたり、ストレスを無くし活性酸素の生成を抑えることが大事です。また、睡眠不足は肌のターンオーバーのサイクルを乱すので、質の良い睡眠をとることを心掛けましょう。

できてしまったシミの取り方

しかし、どれだけ予防を頑張っても、シミができてしまうこともあります。そんな時は、美白化粧品を使ったり、美白薬を服用したり、美容外科やクリニックでレーザー治療などの方法があります。
美白化粧品は、ビタミンC誘導体やアルブチン、ハイドキノンが配合されているものがおすすめです。美白薬は、美白成分のLシステインやビタミンCが配合されており、体の内側からシミを消してくれます。レーザー治療は、レーザーを照射した部分がかさぶたとなり、1週間ほどで剥がれ落ちる時にシミも一緒に剥がれます。ほとんどの場合、1回の施術で取ることが可能です。

シミというのは、加齢や紫外線などによって発生する場合が多く、有効成分を含んだクリームを塗る以外に、美容皮膚科でのレーザー治療も効果的です。