薄毛予防を行いたい!薄毛への対策方法3選

治療薬で予防を行おう

薄毛はクリニックに通い、治療薬を処方してもらうことで予防を行うことができるでしょう。外用薬としてはミノキシジルというものがあり、内服薬としてはフィナステリドとデュタステリドの2種類が存在します。基本的には脱毛症を発症していない人への薬の使用は認められていないため、脱毛症が発症してからクリニックに行くのがオススメです。AGA治療薬の場合は予防目的での処方を行っている施設もあります。治療薬は効果が高い対策ですが、副作用のリスクがあるため医師の指示を守って使用するようにしましょう。

食事で健康な髪を保つ

医学的には食事による薄毛の予防を証明してくれるものがありません。しかし、食事は健康維持への効果が高い行動です。体の健康だけでなく髪の健康も維持できる可能性があるでしょう。具体的にはタンパク質や亜鉛、ビタミンB群といった栄養素を取るのが効果的です。これらの栄養素は髪の毛の健康を保つために必要な成分を含んでいます。このように食生活を改善することでも薄毛の予防を行えるでしょう。

頭皮の血行を促進させることで予防する

マッサージによって薄毛の予防が行える可能性も考えられます。予防への効果があるかどうかという医学的な証明は行われていないもののマッサージやストレッチは頭皮の血行が良くなる効果が得られます。頭皮の血行を良くすることによって髪の毛の健康状態が良くなります。マッサージを行えば頭皮の毛細血管から栄養や酸素を取り入れやすくなるというメリットも得られるでしょう。

発毛は頭皮環境と血行を良くすることが大切です。その両方を行うために効果的なのがオイルマッサージで、オイルで頭皮の汚れを落としながらマッサージで血行を促すことができます。