睡眠薬とは異なります

眠ろうとしてもなかなか寝付けない、夜中に何度も起きてしまう、といった睡眠の悩みを持っている人は多いです。昼間の生活習慣が影響するといわれていますが、しっかり眠れないとストレスを解消したり疲労を回復することができません。そんな人におすすめなのが、睡眠をサポートするサプリです。睡眠薬とは異なり、サプリは食品なので副作用や習慣性がないということが特徴です。

睡眠サプリに配合される成分は

睡眠サプリによく配合されている成分は、アミノ酸の一つであるグリシンや玄米や胚芽米、ココアやチョコレートに含まれるギャバ、お茶に含まれるテアニン、睡眠ホルモンであるメラトニンといったものがあります。これらは寝つきが良くなったり、リラックス効果を与えて熟睡を促す働きをする成分です。これらの成分をサプリで補うことで、快眠をサポートしてくれます。

毎日継続して摂取しましょう

サプリは即効性があるものではありません。薬と違って飲むタイミングは自由ですが、毎日継続して摂取することで効果が期待できます。いろいろな睡眠サプリがありますが、どの商品の場合でも注意したいことはカフェインと同時に飲まないことです。カフェインには脳を覚醒させる作用があるため、睡眠サプリの効果を十分に発揮させることができなくなります。飲むときは、水かぬるま湯で摂取するのがおすすめです。また、妊娠中や授乳中の人は摂取を禁止されている商品が多いので気を付けましょう。

このように、睡眠サプリを上手に利用することで眠れない日々を改善する効果が期待できるのでおすすめです。

睡眠サプリを飲むタイミングには決まりはありませんが、寝る直前よりも1時間から2時間程前に飲むようにすることで、効果を実感しやすい状態を作ることができます。