自分で防げる薄毛のタイプ

薄毛の原因は大きく分けると3つに分類できます。これら以外にも原因はありますが、AGA(男性型脱毛症)、FAGA(婦人型脱毛症)、生活習慣の乱れです。

この3つの中で生活習慣の乱れによる薄毛の場合は、自分でケアすることで抜け毛を防ぎ、薄毛を改善することができます。

食事生活を改善して薄毛を防ぐ

生活習慣が乱れていると髪の毛が正常に成長せず、髪が細くなることや抜けてしまうことで薄毛が起こります。生活習慣が乱れていて薄毛に悩んでいる方は、食事に気を使うようにしましょう。食生活が乱れていると、髪に栄養が十分に届きません。

ケラチンというタンパク質で髪の毛は構成されています。くわえて、髪の毛の成長にはビタミンやミネラルも欠かせません。バランスの取れた食事を摂るように心がけましょう。それに、油っぽい食事を頻繁に食べていると、頭皮の脂分が多くなり髪の毛の生育環境に良くありません。油っぽい食事を取る回数を減らしたほうがいいでしょう。

しっかりと睡眠を取る

睡眠も髪の成長にはとても大切なことです。睡眠している間に、人間の体には成長ホルモンが活発に分泌されています。この成長ホルモンは、人の細胞の成長や修復に欠かせないものです。

薄毛が気になっていいて、睡眠不足を感じている方や寝る時間の不規則な方は睡眠習慣を改めるといいでしょう。

薄毛の原因を知ることも大切

薄毛の原因は自分ではよくわからないことが多いです。まず皮ふ科や薄毛クリニックで診察してもらい、原因を知ることが大事です。原因にあった対策を取らないと薄毛は改善されません。薄毛に悩んでいる方は診察を受けてみることをおすすめします。

女性の薄毛は厳密には定義がありません。ですがだんだん髪の毛のボリュームが少なくなってきたり、生え際がなんとなくスカスカしている状態から気になってくる人が多いようです。